ブログ

芽傷処理で発芽率向上させる

こんにちは!
さて、徐々に日中の気温も高くなってきましたね。

桃の樹もぶどうの樹も、休眠から目覚め動き出しています。

ぶどうではこれから水揚げになり、
剪定時の切り口から樹液がポタポタ落ち始めます。

その前に行う作業として、「芽傷入れ」があります。

このように、芽の前に専用のハサミで傷を入れます。

ぶどう芽傷処理

若樹や樹勢が強く、徒長している枝は、
発芽率が低いので、必ずこの作業をするようにしています。

やり残しがないよう丁寧に行います。

4月にこの芽が発芽し、その枝に蕾があり、花が咲き、ぶどうになります。

つまり、芽がでないことには、
どうしようと、ぶどうは成りません。

芽傷処理を終えたら、枝を棚に固定する「誘引作業」をします。

では、また更新致します。

関連記事一覧

最新記事

山梨ぶどう雨宮ファーム