ブログ

ぶどうのジベレリン処理(種無しに)

こんにちは!

さて、天気が不安定なこの時期、
ぶどうの大事な作業の一つに、「ジベレリン処理」というものがあります。

種無しぶどうを栽培する上で必須の作業で、
ジベ処理をすると、種なしになります。

こちらがジベ処理前のピオーネです。

ピオーネ ジベ処理

このように、ジベを漬けます。

ぶどう ジベレリン処理

ジベ処理をしてから、8時間以内に降雨があると、
効果が低下してしまうので、

処理日の選択が非常に重要になるのです。

我々雨宮ファームは、6/8日と本日6/10日で9割程行い、
処理後、降雨もなく、無事に済みました。

また、ジベ処理と同時に、
傘紙をかけます。

ぶどう ジベ後 傘紙

房が雨に当たると病気になりやすいので、重要と考えます。

これから、粒はどんどん大きくなっていきます。
そして、これからの作業がぶどう栽培の醍醐味。

粒同士が密着していると、粒が大きくならないので、
粒がもう少し大きくなり次第、”摘粒”という作業を行います。

一粒一粒手作業で粒を抜いていきます。

品種にもよりますが、ピオーネで30粒。
巨峰で35粒に揃えます。

では、また様子を更新致します。

今年も最高のぶどう、桃をお届けできます!
ご予約お待ちしております。

関連記事一覧

最新記事