ブログ

ぶどう摘粒、袋掛け、日焼け防止傘かけ

こんにちは。

少し更新間隔が空きましたが、
ぶどうの摘粒作業、袋掛け、日焼け防止傘かけを行っておりました。

順に一部をご紹介します。

摘粒という作業は、粒の数を減らします作業です。
手作業で1房1房、1粒1粒行います。

6.15日のピオーネです。

ピオーネ摘粒前

このように1粒1粒切っていくのです。

粒が大きくなっていくと、
粒同士が潰し合い、粒が割れたり、小粒のぶどうにしかなりません。

また、粒が多いとそれだけ養分が分散されるため、
粒を少なくすると1粒に多くの養分が流れ、美味しくなると考えます。

その後、袋をかけます。
ぶどう袋掛け

袋をかけることで、病害虫の防除になります。

皆様は、ぶどう園というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

ぶどう棚の下は、”強い日差しが当たらなく日陰で涼しい”とイメージする方も多いと思います。

しかし、雨宮ファームのぶどう園の中は非常に明るくなっています。
このように、多くの日差しが地面まで届きます。
ぶどう棚の明るさ

ぶどうだけに限らず果樹も野菜も、どれだけたくさんの日光を葉に当てられるかで、
美味しさを左右すると考えます。

そのため、我々は、葉っぱ同士が重なることなく、
葉っぱ同士の間隔もゆとりができるように、栽培しています。

全ての葉に十分な日光が当たるので、全ての葉が無駄なく働きます。

ただ、これからの時期、ぶどうに強い日差しが当たると、
ぶどうが日焼けをしてしまいますので、このように、傘をかけます。

ぶどう ピオーネ 日焼け防止

今年も、甘く、最高の美味しいぶどうをお届けできますので、
どうぞ楽しみにお待ちください。

関連記事一覧

最新記事

山梨ぶどう雨宮ファーム