ブログ

桃の受粉作業|結実確保

さて、桃の生育も進み、現在満開となっております。

蕾の段階で半分以上落としているため、蕾を落としていない木に比べると、
花が少なく花見向きではありません。

花を咲かせるのには、とても養分を使い、木へ負担にもなるため、蕾の段階で落としています。

満開となった現在は、受粉作業をしております。
毛羽たきに花粉をつけ、丁寧に優しく全ての花に手作業でつけていきます。

1~2日おいて再度行い、計2回の受粉で確実に実が成るようにします。

これだけ花があるので、どこに実を成らすこともできるのですが、
品質の良い実が成る枝、位置に確実に実がつくようにします。

後に行う摘果という実を落とす作業で、良い位置に成った実の中から
厳選して良い実だけを残していきます。

花が散ってしばらくすると、小さな実が見え始めてきます。
では、また更新します。

関連記事一覧

最新記事