通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

稲ワラをもらいに。

さて、新米が出回るこの時期、
お米は美味しく嬉しい季節です。

そして、我々にとってもう一つ嬉しいことが、
稲ワラやが米ぬかや籾殻が、たくさんもらえること。

現在は、稲ワラをもらっております。

稲ワラ、米ぬかや籾殻など、
お米の副産物は、使い道がたくさんあります。

毎年契約お米農家さんから頂いており、
今年は、軽トラで約8台分頂きます。

稲ワラ 軽トラ

桃、ぶどうで、いくつかの用途に使用します。

お米にも品種がたくさんあり、
そして、農家により栽培方法も様々です。

ワラが長いものや短いもの、無農薬や有機栽培なのかどうか?
そして、ワラに含まれる成分量。

とことんこだわった稲ワラを頂いております。

農林22号 稲ワラ 長い

こちらは、「農林22号」という品種のワラです。
コシヒカリの親でもある品種で、噛めば噛むほど甘みが出て非常に美味しいです。

美味しいお米のワラを畑に入れれば、美味しくなる。
という簡単なものではありませんが、

我々の桃、ぶどうの美味しさを決める要因の一つが、
このお米の副産物にあることは確かです。

こうした人との繋がりに改めて感謝の念が込み上げてき ます。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP