通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

木に合わせた剪定作業

現在は桃の剪定作業を行っております。

今年は暖冬のようで、作業はしやすいですが、
果樹にとっては冷え込んだ方ほうがよいものです。

これは剪定前の写真です。

桃剪定前

葉っぱが出たときにバランスよく日が当たるよう、風通しが良くなるよう、
作業性が良くなるよう形を整え、枝を切ります。

剪定作業によって品質も変わってくるので、大事な作業です。

また、木1本1本によって性質も違いますし、
畑の場所も違えば土の性質も違うので、しっかり把握し
それぞれの木に合わせた剪定を行っています。

剪定作業の後には、摘蕾という蕾を落とす作業がありますが、
剪定の仕方によって摘蕾量も変わりますし、その後の摘果など
全ての作業が繋がって収穫まで至るので、剪定だけできれば良いというものではありません。

ただ、今の作業は次のための作業でもあるので、
一つ一つ丁寧に行っていくことで、収穫時には最高の出来になるようにします。

桃剪定後

今年の桃もぶどうも期待して楽しみにお待ちください。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどう園の冬の仕事

  2. 6秒間の軌跡 ロケ地・撮影場所は山梨県甲州市塩山

  3. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  4. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  5. 選び抜かれた桃へ袋掛け

TOP