通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

ぶどう病原菌の住処をなくすこと

こんにちは。

12月から始めた桃、ぶどうの剪定も、全て終了しました。
早いものでもう2月の半ばですね。

昨年のこの時期は、前代未聞の大雪でした。
今年もまだ降ると思われますが、被害が出ないことを祈るばかりです。

さて、現在は、ぶどうの巻きひげの切り残しや、
果梗の切り残しを取っています。

また、小針についている巻きひげも取ります。

↑これが巻きひげです。
ぶどうは、この巻きひげを巻きつけながら枝を伸ばしていきます。

こういうところに、病気の元となる菌がいるので、
こうした菌の住処となるものは、なくしていきます。

そうすることで、病原菌の密度が減るので、
減農薬でも可能となるのです。

また、この作業が終わり次第、ぶどうの木の皮剥ぎを行います。
皮剥ぎも同様に、病害虫の被害を低減させる目的です。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP