通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

さて、ぶどうの剪定作業が続いています。
剪定とは、枝を切る作業のことで、木が休んでいる冬の間に行います。

桃とぶどうを合わせると約3ヵ月間、連日行います。(12月~3月)

剪定の目的としては、今年も”良い果実を収穫すること”になります。
そして、来年、再来年とずっと木が元気に育つように、樹勢、樹形を管理することにあります。

樹形維持することで、全ての枝に均等に養分が流れるようにします。
ハサミとノコギリを使い、全て手作業で行います。

人間と同じように、木によっても1本1本性質が異なり、
同じ畑の同じ品種でも、管理の仕方を変えていきます。

今年この木の場合は、どれくらい枝が伸びるかを把握しながら、
十分伸びるスペースを確保するようにします。

今年のぶどうも、どうぞご期待ください。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP