通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

ぶどう芽傷処理|芽揃いを良く

こんにちは。

さて、本日一日雨が降り、
明日から気温も上昇するとのことなので、

ぶどうの水揚げが本格的になってくると予想します。
(→地温上昇するにつれ、根が水を吸い始めること)

そこで、先日、萌芽しにくぶどう品種(ピオーネなど)を中心に
芽傷処理を行いました。

ピオーネ芽傷

このように芽の先に傷を入れることで、
芽が出やすくなり、全体の芽揃いも良くなります。

この芽が出た新梢にぶどうが成ります。
そのため、芽が出ないことにはどうしようと、ぶどうは成りません。

芽傷処理は時期が重要で、早過ぎると傷から乾燥しますし、
遅すぎると、傷から樹液(栄養)が流れ出てしまうのです。

毎年、天候が同じではないので
当然、昨年と同じ日にとはいきません。

今年は、昨年と比べ、数日待ってから処理しました。

よくやく春、ですね!

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP