通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

ぶどう花穂整形作業、房作り

こんにちは!

山梨でも本日から梅雨入りしたとのことで、
午後から雨でした。

今後もしばらくは雨のようですが、

現在、農繁期でぶどうも桃も成長は待ってくれないので、
大雨でも作業をします。

桃では、収穫時期が早い”早生品種”のみ袋をかけ終え、
現在は、ぶどうの房作り花穂整形(房作り)という作業をしております。

整形前の花穂がこちらです。(6/3:ピオーネの写真)
ぶどう ピオーネ 房作り

どの品種も何もせずこのままにしておけば、
特大の房にすることはできますが、

とっても小粒で美味しくないぶどうにしかならないので、
↓このように小さくします↓

ピオーネ 花穂整形

これでもまだ大きいくらいですが、
この後の摘粒作業という粒を間引く作業で、調整をします。

開花していることもあり
ぶどう園は良い香りが漂っています。

言葉で言い表すことが難しい独特の香りですが、
甘く上品です。

では、また更新いたします。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP