通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

ぶどうの剪定開始

さて、桃の剪定が終わり一段落といきたいところですが、
今度はぶどうの剪定です!

今年も滲みている(枯れている)枝はほとんどなく、
登熟している良い枝ばかりでした。

つまり、昨年の剪定がよかったため、
全ての枝に十分に日があたった証拠でもあるのです!

剪定前の状態

剪定後の状態

剪定はそれぞれの農家さんにやり方があります。
土の状態や木の状態でも方法は変わります。

これだけ薄くする人は、ほとんどいませんね!
多くの人は、少しでも多くを収穫したいと、枝を多めに残しています。

枝が多いと新梢が込み合い、養分浪費にもなります。
日あたりを考え、枝が十分伸びる空間を確保します。

太陽光を浴び、葉がしっかり働かなければ色も味も良くならないのです。

雨宮ファームのこだわりの剪定方法です!

ただ切ればいいというわけではなく、
理にかなった方法で行います。

この剪定作業で、ぶどうの出来が決まるといってもいいので、とても大事な作業です。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP