通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

桃、ぶどうの樹へ敷き藁

現在は、桃、ぶどうの樹全てに”敷き藁”をしております。

桃、ぶどう 敷き藁

敷き藁は昔から行われてきた有機農法です。
乾燥防止などの効果、これからの時期は、土壌の凍結防止にもなります。

そして、微生物増加効果があります。

微生物らに分解され、最終的に良い有機肥料になります。
稲藁には、主に”カリ”が多く、健全な樹を維持するために必須の養分です。

樹が健全に育てば、健全な実もなるわけです。

ただ、カリは多すぎても、他の養分とのバランスが崩れ良くないです。
そのため、藁は、全面には敷かず、樹の下にだけ敷きます。

桃 敷き藁マルチ

1年もしないうちに、藁は腐れてその下にはミミズ増えています。

ミミズなど微生物が多い自然な土があるからこそ、
我々の桃、ぶどうは、”自然な旨み、自然な香り”があるのです。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP