通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

2022年マイハートの生育状況|粒抜き~着色初め

さて、「マイハート」の現在の様子をご紹介します。
ここ数年で人気が出て有名となった新品種です。

私どもでは最も早く栽培販売に取り掛かりました。
栽培が難しい品種ではありますが2014年の植え付けから10年近く経ちコツを掴み、ある程度の収量も確保しています。

こちらは、マイハート粒抜き前の様子です。(6/21日)
マイハート摘粒

一般的なぶどうですと、大きい良い粒を決まった数残していけば良いのですが、
マイハートは、大きくてハート型の粒を残さなければなりません。

元々全てがハート型の粒だけになっているわけではないのです。
そのため、粒の形をしっかり見ながら何回かに分けて徐々に行っていきます。
マイハート摘粒

そこから約40日後の本日7月30日の様子です。(生育の早い房)
マイハート着色始め

マイハートは生育が遅い品種で、例年8月になってから水が回り着色していきます。

この時期の粒は、色が入ると同時にもう一回り太り、ギュウギュウに押し合っている場合は粒が割れやすくなります。
予想以上に大粒になったり、粒が多い場合、この時期に粒を抜いたり玉直しをします。

どの品種もそうですが、着色初めのこの時期は特にデリケートなため気が抜けません。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどう園の冬の仕事

  2. 6秒間の軌跡 ロケ地・撮影場所は山梨県甲州市塩山

  3. 2022年マイハートの生育状況|粒抜き~着色初め

  4. ぶどうの植え替え・移植

  5. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

TOP