通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

ぶどう剪定作業終了

こんにちは!

最近は暖かい日が続きますが、
また明日から寒くなるようですね。

気温の変化が激しく風邪には気をつけましょう。

さて、ぶどうの剪定作業も見直しも含め全て終了しました!

あとは、誘引時にうまく枝を配置をしていきます。

「こんなに枝を少なくするのですか?」と言われることは多いですが、

一つの芽から1m以上新梢が伸びるので、
これだけ枝があれば、夏は葉で棚が埋まります!

1m50cmで新梢の伸びが止まるくらいの樹勢にしているため、
良い具合に間隔を空け、

夏場、棚から程よく地面に日が差すくらいの明るさになるよう剪定します。

当然、ただ枝を少なくするのではなく、
全ての枝に平等に栄養が流れるよう、

自然の理に沿ってバランスよく枝を残します。

この写真と同じ角度から、
今年の夏、写真を撮るとわかりやすいですよね。

忘れないよう、覚えておきます!

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP