通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

こうした作業で減農薬へ

こんにちは!
山梨でも、先日の雪はけっこう積もりました。

また近々降るみたいですね。

さて、現在はぶどう棚に巻き付いた「巻きひげ」取りです。

ぶどうの枝は、夏場、この巻きひげを棚に巻きつけながら枝を伸ばします。

そして、冬になるとこの巻きひげは硬くなり、
ぶどうの病気の菌がこの中で冬を越します。

この巻きひげをそのまま残しておくと、
暖かくなって雨が降ると菌が広がっていくわけです。

ですので、今のうちからきれいに取っておくことで、
菌は消え、その結果、病気になる率も減り、減農薬へと繋がるのです。

他にも「果梗の切り残し」(昨年ぶどうが成っていたところ)でも
菌は冬を越すので、丁寧に取っていきます。



この作業を終えたら、
ぶどうの樹の皮を剥いでいきます。

皮剥ぎも同様、病害虫の住処をなくすために行うのです。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP