通販に関するお電話は、03-6626-0519(受注センター)

桃の剪定作業開始

さて、現在は桃の剪定作業をしております。
今年も美味しい桃にするための重要な作業です。

日川白鳳 剪定前

葉っぱが出た時のことをイメージしながら、
日陰を作るような枝は剪除し、全ての枝に十分な日が当たるようにします。

全ての枝に十分日が当たるようにすることと、
全ての枝に十分栄養が行き渡るようにすることです。

全ての枝に花芽があるので、どの枝にも桃を成らせることができるのですが、
どの枝に成らせるかで、品質も大きく変わります。

よく樹を見て、どの枝に桃を成らすのか考えて枝を残します。

桃 剪定前 剪定後

品種によって剪定の仕方を変えることはもちろん、
樹1本1本によっても性質が違うので、”樹をよく見るということ”を大事にしています。

樹はどの枝を生かそうとしているか、
無理な切り方はせず、自然に、樹の性質を見て切っていきます。

桃 剪定した枝

すっかり寒くなりましたが、まだまだこれからが本格的な寒さでしょう。
皆様、風邪などひかれませんよう、お気をつけてお過ごしください。

関連記事

最近の記事

  1. ぶどうの冬の仕事|剪定(1~2月)

  2. 雨が降ろうが、槍が降ろうが

  3. 選び抜かれた桃へ袋掛け

  4. 甲州市塩山 桃の満開|授粉作業

  5. ぶどうの剪定(長梢)

TOP